活動報告 Report

平成25年 9月定例月議会 一般質問 「地域が輝く」について

2013-10-07 (Mon) 17:00

平成25年 9月定例月議会 一般質問質疑応答 (3) 「地域が輝く」について

○山本県議 質疑
 3、「地域が輝く」について。
 (1)地域コミュニティーの現状。
 「地域が輝く」長崎県とは、どのような姿でしょうか。3.11震災の後、各地の地域のきずなの大切さが見直されてきました。本県も地域コミュニティーの再生に向けて取り組んできたと認識しています。それらの取組は、現在どのような状況にあるのでしょうか。地域コミュニティーを担っている自治会の数に現在どのような変化があるのかお示しください。
 要するに、県として自治会などの現在の数を守るという意思があるのかどうかを問いたいと思います。
 広域化を進めたり、民間に任せられるものを任せたりという考えもあります。このような状況に市町がどのように対処していくか、一義的に任せることも否定しませんが、市町の取組の状況を把握し、今後どういった方向性を持って進めていくのか示すことも必要であると考えますが、いかがでしょう。
 行政サービスの維持や向上のため、また財政的な理由による整理も一定理解するところですが、そういったものを超えたものの存在を誰もが確認した3.11であったと私は認識しています。地域の力が生まれる地域の維持に知恵を出していく必要があると強く思いますが、ご見解をお示しください。
 これまで当たり前のように行われてきたお祭りや行事などがきずなをつくっていくために大切だったと、その重要性を県民一人ひとりに改めて気づかせることが大事であり、若い世代には、それらの取組自体も重要な要素であることを教えなければならないと思います。当然、それは行政側も公私を問わず実感する必要があります。
 また、県全体として目指している地域力の維持向上という目的の一旦を、一人ひとりとまではいかなくても、基礎的な地域コミュニティーである自治会などの組織がきちんと担っていかなければならないという意識を県民に再認識してもらうことも必要ではないかと考えますが、ご認識をお尋ねします。
○企画振興部長 答弁
 地域コミュニティーの再生に向けた取組の現状と自治会の重要性を踏まえた県の認識や今後の方向性についてのお尋ねです。
 地域発の地域づくりを推進していく上におきまして、自治会をはじめとします地域コミュニティーの役割が非常に大事な一方で、人口減少や高齢化等によりまして基盤となります地域コミュニティーの機能が低下しつつありますことから、県としましても、その再生に対して一歩踏み込んだ取組をはじめております。具体的には昨年度から従来にない交付金制度を導入しまして、県内全域を対象に地域の課題解決に向けた自発的な取組の支援を行っております。徐々にではありますが、お祭や伝統芸能の復活、防犯や交通安全、高齢者の見守り機能の強化など、活動が活発化しつつあります。また、自治会数は、近年、ほぼ横ばいながら加入率は減少傾向にある問題に直面しております。
今回の交付金等を活用しまして自治会を中心としながら地域の多様な主体が参画する広域的な協議会を立ち上げるなど、連携強化や再編に取り組む動きも出てきております。
県としても、こうした取組の進捗状況や成果をしっかりと把握しつつ、先導事例の紹介等を広く行うとともに、県民一人ひとりの地域コミュニティー活動の参加意識がより高まりますよう、市町とも十分連携して情報発信に力を注ぎながら積極的に取り組んでいきます。
○文化観光物産部長 答弁
 「ひかりと祈り 幸福の街 長崎」というキャッチコピーに決定した思いと今後の展開についてのお尋ねです。
地域間の観光客誘致競争が激しくなる中、長崎をぜひ訪れたいと思ってもらうためには、本県の観光のイメージをわかりやすく強く印象づけることが重要だと考えております。
そのため、注目が高まっている夜景や県内各地の光をテーマにイベント、教会に差し込む光、海のきらめきなどをイメージさせる光、教会群や平和をイメージさせる祈りをテーマとして新たなキャッチコピーを決定したものであります。
今後、首都圏、関西圏、福岡県を中心に報道関係者や旅行会社を対象にした説明会や・・を題材にした展覧会、旅行会社、交通事業者等とのタイアップによるキャンペーンなどを積極的に展開し、新たな需要の掘り起こしの誘客拡大につなげてまいりたいと考えております。
 

Contents menu

banner_04 https://www.facebook.com/iki.keisukeFacebook banner_01
banner_02
banner_03
山本けいすけ後援会
烽山会事務所
〒811-5301
長崎県壱岐市芦辺町芦辺浦  196-2
後援会連絡先
TEL 0920-45-4055
FAX 0920-45-4059
ページ最上部へ