政策理念 Policy ideal

壱岐に住む人々の幸せのために全力を尽くします。

 私が政治の道を志したのは、私自身が育ち家族と一緒に暮らしているのが、壱岐という島であるという事が最大の理由です。
 島国日本の中で、さらに島である壱岐市を含む多くの島々は、日本の領空・領土・領海を広げ、間違いなく国益に関係する欠かすことのできない重要な地域です。
 その国家的意義を誰もが理解し、多くの島々にしっかりと目を向けるのなら、当然その島には人々が住み、暮らしていける環境があり続けなければなりません。それは、教育であり、産業であり、福祉であり、そして人々の「幸せ」がある環境です。
 私は、そのような島々の振興を強力に進める事が、日本の発展に必要不可欠であり重要な取り組みであると確信しています。
 それと同時に、島に住む人々も自身の暮らす島に誇りと感謝の心を持って、国家にその役目をもっと果たしていくべきだと思います。それは、島の情報を発信し続けるということです。島には日本人が失いかけている「心の豊かさ」や「物を大事にする精神」そして「季節を感じ、自然を畏れ敬う心」が伝統や文化、生活空間に満ち溢れています。
 今こそ島に暮らす人たちが起ち上がり、離島の意義を明確に訴え、私たちの暮らしの中にしっかりと生きている「素晴らしい日本人」の心を発信する役目を果たすべきではないでしょうか。その事があらゆる面で荒廃している我が国の再生につながる第1歩であると、私は考えています。島から始まる日本再生の大きなうねりが起きる時、私はその動力になりたいと、強く思っているのです。
山本啓介

「子どもを育てるなら壱岐市」そんな島づくりに全力を尽くしたい。

人があふれる島づくり ~島の魅力の追及と発信~
  • 島の魅力を再認識・再評価運動の推進
  • 情報発信力の向上
  • 観光・体験・スポーツ・文化交流事業の推進

人にやさしい島づくり ~暮らしやすさを求めて~
  • 救急医療・医師の確保・高度医療などの充実
  • 高齢者が元気になる環境づくり
  • 余暇の充実が果たせる生活空間の推進

子どものための島づくり ~豊かな心と生きる力を育む~
  • 高校までの子育て・教育環境の充実
  • スポーツに集中できる空間づくりの推進
  • 島ぐるみの子育て環境の構築

地力を生かした産業づくり ~経験を敬い新しい力を生み出す~
  • 島の産物のさらなるブランド化
  • 既存の産業のさらなる支援・販路の開拓
  • 島の力の再確認と島ぐるみの取組み

島の明日を担う人づくり ~人は今が一番若い~
  • 島の産物のさらなるブランド化
  • 地域の人材発掘・再雇用・活躍の創出
  • 地域に根ざした高等学校教育のあり方

Contents menu

banner_04
banner_01
banner_02
banner_03
ページ最上部へ